スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

memPerformance

 2008-07-28
メモリー4枚差しではパフォーマンスが出ないと昨日書いたとおり
4枚差しでは1WayのAthlon64X2ではMCの調子が優れないようです

なので今まで4枚差していたメモリー4枚→2枚へ変更
するとパフォーマンスが向上4枚で3.0GHzへOC実行したときと同等の
性能が出るようになりました(^_^)
やはりAthlon64X2のMCは2枚でないとCPU本来のMC性能が出ないようです
4枚だとMCでも制御しきれないのか、負担が掛かりすぎるのか
どうなのか分からないが
なので大容量メモリーを搭載するとなれば
2GB×2の4GB構成にするしかないようです
3GBは容量としては大容量だがパフォーマンスは低下するため

しかしAthlon64系列CPUのMCでは(※1)DSメモリー3枚分(※2)(6サイド)差すと
問題が生じるというまたやっかいな火種も抱えている
なので1GBメモリーは最低2サイドを2枚なら4サイド、4枚で8サイドとなる
2枚ならMCの問題も生じないので本来の性能が出る
しかし4枚だとMC問題+最悪メモリー自体認識しない可能性もあり
この公式だと確実に問題が生じる

昨日も書いたがほんといろいろな癖のあるCPUだよAthlon64X2は(ー_ー)!!

(※1)(ダブルサイドの略
メモリー基盤両面にDRAM基盤の付いたメモリーのタイプ
逆にDRAMが片面にしか付いてないものはSS、シングルサイドという
1GBモジュール以上のメモリーではほぼこのDSタイプのメモリーしかない)


(※2)(メモリーのDRAMチップの付いている面をサイドまたバンクといい
メモリーの片面にしかDRAMが付いてなければ1サイドorバンク、両方なら2サイドorバンクと
換算する)

スポンサーサイト
タグ : Athlon64X2
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://gorokukoroku.blog50.fc2.com/tb.php/93-7f71735c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。