スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

OCしました(^_^)その後

 2008-07-28
昨日から一応Athlon64X2 5200+をOCして常用させることにした

基本的には動作に問題なかったはずだ
しかし今日使っていると
突然ディスプレイに何も映らなくなった・・(-_-;)

今までXPSP3にして約1月経つがこのような問題が起きたことはなかったが
OCして翌日にトラブルが発生したということはOCが原因か(?_?)と思い
一応念のため通常のクロックへ戻したら問題なく動作している
OC状態のままでも多分動作自体はするだろう
しかしまた問題が起きないとは限らないんで

(OCを行い過ぎると起動時BIOSがCMOSクリアしろという警告を表示するが
そういった警告もないんでOCのやり過ぎいう訳でもないもよう)

しかしメモリーパフォーマンスは結構落ちた
CPUパフォーマンスはそこまで驚くほど向上してなかったので
良いんだが通常の状態でも

CPUクロックフルスピードでDDR2 667を使うと
OCは333MHz駆動、通常301MHz駆動
たった32MHzだが意外とその32MHzでパフォーマンスが全然違ってくる
もともとAthlon64X2自体もOC耐性が強くないのかもしれない

Athlon64のMCは意外と諸刃の剣になりうる機能のようです
正しいクロック周波数とメモリークロックが合わないと
規格で定められたメモリークロック以下の
スピードしか出ないですから(ー_ー)!!
Phenomでは少々改善されたようですが・・

しかもCPUの動作クロックが必要なアプリでも
負担が低いとCool'n'Quietが働きクロックが1GHzまで低下
しかもアプリ自体が3Dゲーム並にCPU使用率を引き上げるほど
急激にクロック周波数を必要としなければパフォーマンスも出ない(ー_ー)!!
必要に応じて電源設定を変更する必要もあり
意外と癖があるCPUだとつくづく思いましたね

メモリーも4本差してたらメモリー周りのパフォーマンス落ちると聞きますが
これも本当なのだろうか?
スポンサーサイト
タグ : OC
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://gorokukoroku.blog50.fc2.com/tb.php/92-007cb25d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。