スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

P6結構発熱量が・・

 2008-07-20
長らく現役を引退させてたまに起動してやっている程度使っていない
P6マイクロアーキテクチャ世代のCeleron800MHzPC
これを長らく眠らせてましたが置く場所がやや邪魔になりつつあるので
なんとかしないといかんなと思い久しく使ってなかった
CeleronPCを少しばかり使ってみることに

まず使っていて驚いたのが動作音の静かさ
最近のPCは静音をうりとしたPCモデルも多くありますが
並みのPCでも勝てなく位の静音性で
性能はしょぼいけども静音性なら間違いなくこいつが1番でしょう(^_^)

次にPC内部にあった動画ファイル等を再生すると
動作音は問題ないのですが背面の電源ユニット部から出る廃熱が
まあ結構凄かった、さすがにPentium4ほど熱くはなかったが
65nm版で65WのAthlon64X2のCPUをフル使用時とさほど変わらない程度か
それ以上廃熱が出てました、背面の電源ユニットを手で触ると
思わず「熱っちぃぜ~」と言いたくなるくらいの廃熱が出てたときもあり
P6世代のCPUは結構発熱するんだなぁと改めて実感^_^;

PC自体の性能はもう言わなくといいでしょうけど
リトルバスターズの体験版を試しにやってみると想像以上に廃熱が出る出る
今のPCだと3Dゲームをやってるのと同じ状況
CPUも結構発熱してたのでかなり負担度は高かったのだろう

やはり使い道はもう無いんで
家族か知人に譲るしか手はないんでしょうねこいつが今後活躍する場所は
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://gorokukoroku.blog50.fc2.com/tb.php/65-7b16e378

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。