スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Feature Tool の欠点見つけた

 2008-07-19
日立グローバルストレージテクノロジーズ通称(HGST)の定番HDD
「DeskStar」には別途HPより専用ツール「Feature Tool」をダウンロードすれば
HDDのガリガリ音であるシーク音を抑制できるツールが収録されているので
結構HDDの動作音が気になっていたので使ってみました

既にFeature Toolをダウンロード済みだったので
これをライティングソフトのIsoイメージ書き込み方法でCDに書き込み
PCを再起動、再起動したらBIOS設定
HDDはRAID設定なのでこれをIDEモードへ戻して、BootデバイスをDVDに設定
これで下準備はOK
この状態で起動させると自動的にCDのIsoイメージが起動しFeature Toolへ入れます
初めて使ったので操作方法をWinPC片手に操作
シーク音は動作音の静かなQuietSeekModeで十分に静かなのですが
WinPCによると動作音を最小の状態にしても性能はさほど変化しないと書いてあったので
最小の動作音に設定してFeature Tool を終了
そのあとでHDDの動作モードを元のRAID設定にして一度BIOSを閉じます
また再びBIOSを起動させてブートデバイスをDVDドライブからRAIDVolumeへ変更
これで設定完了!

さてさてこれでHDDの動作音が相当抑えられているだろうといろいろとHDDへアクセスの
多いアプリなどを動かしていると

??あれ動作音全く静かになってない・・(ーー;)

再度同じ手順で再設定を行ってみましたが動作音に変化の兆しはなく・・
どうやらRAIDモードでHDDを動かしていると
Feature Toolの静音設定は全く動作しないみたいいです(ーー;)
要するにFeature ToolはHDDをRAID設定で使っていては全く意味がないツールのようです
これなら最新版のDeskStarを使うかSeagateのBarracudaやWDのCaviarを使っていた方が
静音という意味では有効でしょう、2年前のHDDは少々動作音が気になるんで
スポンサーサイト
タグ : FeatureTool
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://gorokukoroku.blog50.fc2.com/tb.php/47-ffe0f1bb

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。