スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

今目の前にある脅威

 2008-04-21
この更新を本体のほうで行おうとしたのですが
どうやらNGワード等の制限が掛かっていてアップできなさそうなんで
制限の少ないこっちで更新を

今国会内部でとある法律を巡って問題が起きてます
それが「児童ポルノ法」の改正問題なのですが

修正部分がアニメ等の本人が実在しないものの所持は合法
それ以外は違法という内容が改正の草案らしいのです

始めは成人向け漫画を所持していても違法という内容だったんですよ
その草案がそのまま国会を通過すれば
成人向け同人誌を持っているだけで違法ということになります
この法律に違反すると

「100万円以下の罰金または5年以下の懲役」

という非常に重い罰則が待っている訳なんですが

そんなもの本音でいうとねぇ
成人向けの雑誌以前にだねヤング向けの漫画誌も
そうとうやばい内容が書いてあるわけですよ
内容的には成人誌に匹敵するくらいの内容がね

そういったものを言及せずに成人向けのものが悪い
だから規制を硬くしようとするのはもってのほかなんですよ

普通に考えれば分かるような少し書店等で雑誌をパラっとめくればわかるようなものを
見向きもしないでダメだという考えかたが好きではないんで
かといってAV等を擁護する気も毛頭ない

最終的には毎回この言葉で締めくくられるが「自己責任」
この一言につきると思う やってはダメだと警告しているものを
やってしまったのならやった本人が悪いのであって存在するものが
いかにも悪いんだという論理は筋違いだと私は思う
あくまで成人向けの内容は自己責任で

責任がとれない人間がとういったものに手を出すのは
周りからみて非常に迷惑であり不愉快
こういった人間を排除出来ればここまで問題視されることもないのだが
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://gorokukoroku.blog50.fc2.com/tb.php/36-d8d66a47

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。