スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

新Socketは多くの変更点あり、特にミスれば即バットエンド直行ルート存在が・・

 2009-10-29
新型Corei7導入に向けてPC情報誌を買ってきた
といってもいつも買っている愛読誌だけどね(^^)

WinPC#11


PC情報誌はいくつかあるが個人的にこれがイチバン分かりやすいし
Benchmarkは旬を捉えたものをしっかりと掲載してくれるし
これがイチバン♪ これが仮に休刊なんてことになったら・・
世界が終わるくらいの沈みそう それくらい千歳れいの自作PC情報の6割は
WinPCで出来ているそれくらいいろいろとお世話になっております(^^♪

LGA775(Core2Duo、Core2Quad)→LGA1366(Corei7)&LGA1156(Corei7、Corei5)
になっていろいろと変化が生じている
性能がアップするのは大変喜ばしことだが
逆にありえへんそんなことも導入されている

・保護カバーがSocketピンの真上に取り付けられている

このことを知ったときまあ驚いたし、面倒だな~とも思った
カバーの外し方が悪かったら即ピンの破損に繋がる
そんなことをなんで導入するの?って思ったよ
ピン折って欲しいの?

LGA775はそんなことはなく固定金具の上についているんで普通に外せば
ほぼ100%破損することはない
ほんっとミスったら即バッドエンドルート直行のシビアなルートを
LGA1366&LGA1156では一番はじめにやらないといけないとは・・
これさえなければ自作初心者にも勧められるのになぁ
というか初心者も結構な頻度でLGA1366のCorei7を買っているらしいが
ピン折が多発してないか不安だよ
この点はWinPCでも指摘していた 作業するときは特に慎重にと

あと

・LGA775用CPUクーラー流用不可

LGA1156は以前IntelがLGA775のCPUクーラーが流用できますと言っていたが
あれは訂正されたのか ピンの穴の位置がほんのわずか遠くなっていて
LGA775用CPUクーラーが使えなくなった これ痛いんだよな
うちのIntelCPUクーラーは世代がSocket939、LGA775世代のものだから
AM2世代でも使えないし・・ 静音性を考えれば買い換えるしかないのかよ(ーー;)

・メモリスロットの順番が変更となった

これはLGA1366でもそうだがLGA775世代はCPUのそばから
1234とメモリスロットが並んでいる
普通は1のスロットに最低1枚メモリ差していればPCは起動していた
しかしLGA1366以降ではLGA775と同じように1スロットに差しても起動しなくなった
1366、1156では1スロットではなく2スロットに差さなくてはいけない
よってデュアルチャンネルでは2、4のスロットに差すようになる
775では1,3でデュアルとなる 
この変更を知らずにやると結構泣きをみるよ
特にLGA775世代で自作して情報とか入手しないで
いきなりLGA1366、1156世代にスキップすると
このとらぶるに遭遇する

くわしく調べると結構LGA775世代から変更されてるんだなぁ
とくにCPUの保護カバーの取り付け場所とか
LGA775と同じ感覚でやるとこれは案外痛い目にあいそうだぞ
やれやれ自作の難易度が上がったような気がする(ーー;)
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://gorokukoroku.blog50.fc2.com/tb.php/176-e2cc2993

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。