スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

NVIDIAからも黒船が襲~来(^_^)

 2008-07-29
前回はAMDのRADEONでしたが
今回はNVIDIAのGeForceGTX200シリーズです

GeForceGTX200シリーズは
GeForce9800シリーズの後継モデルでGPUコア設計を改良し
演算性能指数は1TFLOPSに迫る
9800シリーズより大幅な性能向上を果たしているが
9800GTXとGTX280の比較ベンチマークデータでは
1.5倍~2倍以上の性能を発揮しているが
消費電力面ではRADEON HD4800シリーズのほうが低い
ダイサイズあたりの消費電力面ではRADEON HD4800シリーズのほうが優秀だが
RADEON HD4800シリーズにはない最大の機能それが

GeForceを物理演算ボードとして利用可能


なことがあげられる
本来はエンコード、画像処理などのアプリは全てCPUで処理していた
これをCUDAというソフトウェアプラットフォームに対応した
アプリを使うことでCPUだけの処理よりもGPUで演算処理を代わりに行い
非常に高速な速さで処理が行えるという非常に画期的は技術で
愛用ツールの1つ「PhotoShop」の最新版もこの機能を使えば非常に高速に
処理が行えるようになるらしい

もともとAdobeとNVIDIAはお互いが良いパートナーみたいな関係で
Adobeのアプリ特に動画編集アプリではNVIDIA社のGPUを推奨と書かれている位
お互いに開発の段階でお互いが密接に協力している製作している関係であり
NVIDIAの物理演算ボード機能をいち早く使えるようになっているのは当然の流れだろう

ここで重要なのがこの物理演算ボード機能を最新のGTX200シリーズだけでなく
GeForce8000シリーズ以降であればこの物理演算機能を使えるという点も大きい
PhotoShop使いとしてはこの演算機能は無視できない機能だけに
VGAの交換は是非ともやっておきたい

モデルナンバーの前にGTXの文字があることに気が付くだろうけども
この200シリーズが最上位モデルであることを示している
(UltraやGX2の方が実質は上位モデルと扱うことが多いが
毎回登場するとは限らないのでGTXを最上位とする)

今までGTXの付くモデルはシリーズ毎に1こだけと決まっていた
それが今回は2モデルに増加している
今までのルールを今回から改めたのだろうか?
またIntelが965シリーズから行ったチップセットのネーミングルールの変更と同じく
NVIDIAもネーミングルールを変更したのかもしれない
今までは数字の最後に付いていたからね

ただ性能も重要だが価格面では同じGTXの名を冠するモデルでは
9800GTXは非常にコスト的に良いモデルなので
出来れば買っときたいなぁ(^_^)でもケースにはボードが長すぎて入らないし
使うとすればケースごと交換・・・それはちと大変だな
欲しいんだけどなぁ9800GTX^_^;

噂ではRADEON HD3800シリーズ、GeForce9800シリーズの後継モデルで
GPUのデュアルコア版が出るというものも流れていたが
あれ完全なデマな情報なのか?ほんとうはこの後に控えているモデルの事なのかも知れないし
出たらGPU業界に新たなる時代がやってくるんだがね
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://gorokukoroku.blog50.fc2.com/tb.php/110-661cfae3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。