スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

PhenomIIX6のTurboCoreに関して

 2010-04-18
PhenomIIX6(Thuban)、X4(Zosma)ではIntelのTurboBoost似た
「TurboCore」というクロックアップ技術が搭載される

Intelの場合はコアに余裕がある場合に引き上げが行われ

・i7 900シリーズは全コア負荷の場合クロック上昇なし
・i7 800シリーズは全コア負荷の場合クロック+133MHz

ということになり 900シリーズ最大+266MHz 800シリーズ最大+665MHz
それぞれクロックが上昇する
これがIntelの「TurboBoost」

一方AMDの場合 クロックが上昇するのは
「最大3コアまでの負荷状態である」という条件下でのみ
4コア以上の負荷の場合にはi7 900シリーズと同じくクロックは上がらない
そして発売が予定されているX6、X4では2つのパターンがあるようで

・500MHz向上するもの
・400MHz向上するもの

の2種類 これはうわさの段階だが
最上位のX6 1090Tが400 それ以外が500ということらしく
以下のラインアップが予定されている

Phenom II X6シリーズ(6コア/45nm/Thuban/Socket AM3)
・Phenom II X6 1090T
(3.2GHz/Turbo時3.6GHzL3 6MB/L2 512KB*6/HT 2.0GHz/125W/Q2)
・Phenom II X6 1075T
(3.0GHz/Turbo時3.5GHz/L3 6MB/L2 512KB*6/HT 2.0GHz/125W/Q3)
・Phenom II X6 1055T
(2.8GHz/Turbo時3.3GHz/L3 6MB/L2 512KB*6/HT 2.0GHz/125W/Q2)
・Phenom II X6 1055T
(2.8GHz/Turbo時3.3GHz/L3 6MB/L2 512KB*6/HT 2.0GHz/95W/Q2)
・Phenom II X6 1035T
(2.6GHz/Turbo時3.1GHz/L3 6MB/L2 512KB*6/HT 2.0GHz/95W/Q2)

Phenom II X4シリーズ(4コア/45nm/Zosma/Soket AM3)
・Phenom II X4 960T
(3.0G(Turbo時3.4GHz)L2 512KBx4/L3 6MB/L2 512*4/HT 2.0GHz/95W/Q2)

ただ以下のサイトを見るとAM3プラットフォームでないと
Turboが有効にならないように書いてありますが

http://www.anandtech.com/show/3641/amd-divulges-phenom-ii-x6-secrets-turbo-core-enabled

これはAM3環境に実装されたCool'n'Quiet 3.0機能を使っているがために
AM3でという意味か?と思いAMDのCool'n'Quiet仕様リストを見てみる

http://www.amd.com/jp/products/technologies/cool-n-quiet/Pages/cool-n-quiet.aspx

Cool'n'Quiet 3.0で実装されたものは

・3Lの強化
・プロセスルール変更による省電力化

の2点のみ
それ以外はAM2+で実装されたCool'n'Quiet 2.0で追加された機能そのものであり
実質は2.0と3.0とい違いはほぼないということ

さらに※AMD公式の文章※と記されている
ということはCool'n'Quiet機能を使うが実質はAM2→AM2+のように
専用のドライバーを入れることで実現するというものではないだろうか?

だとすればAM2+であってもほぼ問題なく動作すると思われ
無理にAM3に替える必要性は低い

AMDの正式発表はそう遠くない未来に行われるが
同じような回答があること強く望みたい
 
スポンサーサイト
タグ : PhenomIIX6 6コア Turbo

PhenomX2新モデルがでる

 2010-01-21
「入荷するのかな?」(1/20) ---某ショップ店員談
http://www.gdm.or.jp/voices_html/201001/2001.html

ヒでは少し触れているので
知っているかたは知っている
知らない方は覚えてね おいらはボイラーww

ねたは置いといて ServerPCのCPU交換対象に入れてみようかなと
K8コアはメモリークロックが構造上正常に認識しない仕様で
OCして強制的にAthlon64X2 5200+を6000+(3000MHz)化して使ってます
ただOCしているので消費電力が若干増えてます メモリークロックのためだけに
それをOCなしでDDR2 667として認識させることが重要である
そしてK10世代ではメモリー性能がかなり向上するのでServerとしては
鬼に金棒状態になるはず

現状はOC Athon64X2で耐えてそのうち余裕が出来たときに交換といこうかな
ねらいはもちろんPhenomX2 555

とうとう出ますかPhrnomX2の新モデル
(初代PhenomではX2はなかったからこの表記でも誤解はないだろう)
ようやくGA-MA790FX-DS5で追加された新型のCPUなので
コレが最後のアップグレードかな
あのM/Bは油断ならん 790FX積んでいるけどCPUサポートが無茶苦茶だ 
タグ : PhenomIIX2

2010以降のインテルCPUはこうなる

 2009-12-10
Coreiシリーズの後継?のCPU(Sandy Bridge)の詳細が明らかに

ついにベールを脱いだSandy Bridge世代のIntelデスクトップCPU計画

Sandy Bridgeは以前言われていた話ではLGA1366版はなく消滅し
LGA1156の互換性のあるLGA1155で登場と言われていた
しかし今回の話ではSandy BridgeはLGA1366?にも引き続き投入されるようで
プラットフォーム自体の消滅はなさそうだ
しかし互換性が限りなく0に近いようで・・1366?の後継を使うにはCPUだけでなく
M/Bそのものの交換はどうやら必須のようでLGA1366ユーザーにはイイ話ではなさそう^_^;

その代わりと言ってなんだが
LGA1366?の後継のSandy Bridgeは相当な仕様になるようである

・SandyBridge B2
コア数 6、8コア
メモリ DDR3Triple-Channel 1600MHz
I/F
・PCIEx PCI-Express 3.0 24レーン
・SATA S-ATA 6.0Gbps×2 S-ATA 3.0Gbps×4(チップセット)
・USB USB 2.0×14

おそらくHTは引き続き搭載されるとして 最大16スレッドか凄まじいな^^;
メモリも対応するクロック数が向上したTriple-Channelで
PCI-Express 3.0にもう対応か
この3点の仕様は強烈の一言 
SATA 6Gbpsはもうあるしねここは普通

これはしかし凄いな 今の仕様が霞んで見えるくらいの強烈さ
AMDはようやく来年6コアをデスクトップに投入予定だが仕様が霞んで見えるぜこっちも
最大16スレッドって・・

値段は結構しそうな仕様だけに万人向けじゃあないよ
しかしこの仕様は凄いなぁ^^;

RADEON HD5970予価

 2009-11-16
RADEON HD5000シリーズハイエンドの5970は
予価¥85.000程度になるらしい

「久々にキテる」

これを高すぎるーと捕らえるべきかそれとも普通ーと捕らえるべきか
一昔前にはGeForce8800UltraなんてGPU搭載したVGA
シングルチップで販売価格¥120.000してましたから
これよりは安いでしょう というかハイエンドでも\100.000超えると
売れなくなったんでしょうか

それでも買う側からすれば高いですねー ¥70.000前半くらいと予想してたんで
¥80.000超えは予想外

これ作る余力あれば先にシングルチップの5850、5870の流通数増やせよ!と
率直に言いたいです 買うとすれば確実にそっち方面ですから


一方のNVIDIAのFermiはまだまだ登場は先のようです来年の春ごろ登場とか言われてますし
近々動作デモを行うようなのでパフォーマンスが気になるところです
ただ動作デモは海外でやるそうで実動機を拝めることはなさそうです・・
タグ : RADEON HD5970 NVIDIA Fermi

RADEON HD5870EyefiniyEdition

 2009-11-10
RADEON HD5870EyefiniyEditionに関してのねたが上がってきてます

Radeon HD 5870 2GB seen packing six DisplayPort outputs

ボードの画像見る限りは
デュアルGPU版の5970、5950の基盤を使っているように見えますが
どーやらそうではないようです
固定器具のねじ穴の位置が被っているので

通常版の5870より廃熱口が長くなっているので良く冷えそうに見えます
5800、5700シリーズはデュアルDVI、HDMI、Displayport出力を備えているため
廃熱口が4870、4890の半分のサイズなので廃熱機能を危惧する声もありました

ただし通常版より消費電力が増えるようです
8Pin+6Pin構成のようなので 通常版は6Pin×2
またVRAMも2GBとのこと

これ1枚あればもしかすればWin7のWEIで7.9が出るかもしれないですね

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。